ベジメータの特許技術

べジメータは、反射分光法により皮膚カロテノイド量のみを測定

  • HOME
  • ベジメータの特許技術

ベジメータの特許技術

The Veggie Meter®(ベジメータ®) は 、反射分光法により皮膚カロテノイド量のみを測定
「生物学的組織におけるカロテノイドの非侵襲的測定」は、米国Longevity Link Corporation社が保有する特許です。

ベジメータの測定原理

反射分光法:Reflectance Spectroscopy RS
Noninvasive Measurement of Carotenoids in Biological Tissue 
US Patent # 8,260,402; multiple intern. patents

  • 手に光をあてると強く吸収する血液(HB:ヘモグロビン)発色団とメラニンは皮膚に存在し、90%以上吸収を支配しています
  • 皮膚のカロテノイドを検出するための光学ウインドウは、460〜50010%未満) nmのわずかな波長域に存在し、LEDの光を充てるだけでは、検出することができません。
  • ヘモグロビン(血液の色)とメラニン(肌の色)は、野菜摂取量とは全く関係がなく、これらを完全に除去しなければ皮膚カロテノイド量を測定するとはできず、野菜摂取量を正確に評価することができません。

白色光LED
スペクトル範囲350〜850 nm

光を反射する吸収スペクトル

①ベジメータは、分光器を搭載しており、光を分割し、細かい波長に分光します。

②血管内ヘモグロビンの影響は、特許である指先圧迫装置によって大まかに解消した後、波長分光で完全に解消します。

 

③メラニン色素の影響は波長分光で解消し、皮膚のカロテノイドだけを測定します。

 Igor V. Ermakov et al. Archives of Biochemistry and Biophysics 646, 46-54, (2018)