日本初、野菜摂取量の改善をスコアで‘‘見える化‘‘

  • HOME
  • ニュース
  • 日本初、野菜摂取量の改善をスコアで‘‘見える化‘‘

日本初、野菜摂取量の改善をスコアで‘‘見える化‘‘

ベジメータⓇの月1回測定と簡単な食育で、約8割の人が改善(3ヶ月) これまで困難とされた野菜摂取量の改善が可能に!


アルテック株式会社 は、ベジメータ®を用いた国内初の野菜摂取量改善試験において、野菜摂取量をスコアで可視化することで、月1回3ヶ月間の測定と簡単な食育だけで、約8割の人の野菜摂取量が改善することを確認しました。

野菜が身体によいことはよく知られており、新聞、雑誌、テレビでは連日野菜の重要性が紹介され、政府、自治体や企業も国民の健康増進のために野菜摂取を促すイベントやキャンペーンを開催しています。しかし、そのような情報発信にも関わらず、日本人の野菜摂取は厚労省の推奨量1日350gに達していません(平成30年国民健康栄養調査では平均269.2g/日)。 特に若年・中年層の野菜・果物不足は深刻です。これには生活環境や経済状態など様々な要因が考えられますが、なかでもひとつの大きな要因として、ふだん摂取している野菜の量が自分にとって適正かどうかがわかりにくいことが挙げられます。栄養調査では毎日の食事内容を記録して栄養士が摂取量を分析しますが、時間と労力の観点からだれもが受けられる方法ではありません。また、栄養教育プログラムや栄養指導によって野菜摂取が一時的に増加しても、野菜摂取量の増加や継続は難しく、習慣として根付くのは大変です1)。

国民の野菜不足を解消し、健康長寿社会形成の一躍を担うべく、アルテックは、2019年5月に日本で初めて、野菜摂取量を簡単に数値として見える化できる装置、ベジメータ®の国内販売を開始しました。発売以降、ドラッグストア、スーパーマーケット、健康食品・化粧品メーカー(百貨店)、調剤薬局、整体院などの店舗をはじめ、飲料メーカー、食品メーカー、野菜種苗企業、健康診断施設、医療機関、研究機関、健康経営企業 、自治体等で、多数ご採用、ご活用を頂いただいております。
また、研究活動も活発に行われており、日本のみならず、世界の国々で、医学・栄養学分野での科学的研究に使用されています。

ベジメータ®は、従来の食事調査や血液検査に頼らない、「野菜摂取量を評価する装置」としてその有用性が評価されました。

カリフォルニア大学デービス校とアメリカ合衆国農務省の研究者らは、光学的皮膚カロテノイド測定に関する科学論文(54文献)のシステマティック・レビュー2)を行い、光学的皮膚カロテノイド測定装置が、従来から行われてきた食事アンケート調査や血中の野菜成分を測定する方法と同様に、野菜摂取状態を正しく評価できることを示しました。このレビューで有用性が認められた光学的皮膚カロテノイド測定装置は、Longevity Link Corporation社が特許に基づき開発したベジメータ®(反射光分光法装置)とバイオフォトニックスキャナー(ラマン分光法装置)のみで、国内で販売されているのはベジメータ®だけです。

日本国内のベジメータ®研究

2020年8月に開催されたB-ROPs研究会(レドックス・酸化ストレス・フィトケミカルズ生体計測研究会、代表:島根大学医学部眼科教授谷戸正樹)において、ベジメータ関連の演題が発表されました。聖隷浜松病院眼科尾花医師は、聖隷健康診断センターと共同で行った人間ドック受診者1,240人を対象とした研究で、「メタボの人はベジスコアTMが低く、運動、睡眠、飲酒、食習慣の優れた人ほどスコアが高いこと」を明らかにしました。国立健康・栄養研究所岡田研究員は、東京都と山梨県で実施した研究結果(524人)から、「ベジスコアTMは自己申告による野菜摂取量と相関し、他の疫学研究報告のように、野菜・果物の摂取量は20歳代で低く、60~70歳代で高いこと、地域差があること」を報告しました。また、兵庫医科大学臨床疫学武内医師は、「小学5年生315人の調査を実施し、成人と同様に小児にも使えること」を報告しました。その他、聖隷浜松病院眼科尾花医師は、眼科用ルテインサプリメントの効果をベジメータ®を使用して証明しています3)。

ベジメータ®を活用すれば、少ない労力で、野菜摂取量の改善できました。

海外では、ベジメータ®の使用で野菜摂取量が改善されることが複数の研究が示されていますが4),5)、国内では初めて、2つの異なる地域(神奈川県、滋賀県)と職域(公務員、企業従業員)において調査が行われました。

 野菜不足改善プログラム詳細はこちら

ニュース&トピックス

詳細はこちら