ベジメータ推奨野菜・推奨野菜補助食品

  • HOME
  • ベジメータ推奨野菜・推奨野菜補助食品

ベジメータ推奨野菜・推奨野菜補助食品

イタリア野菜「カリーノケール」
苦みや青臭さが無く、生のままサラダで食べておいしいケールです。

  • 抗酸化ビタミン(A、C、E)が非常に多く含まれる。
  • ミネラル、食物繊維が豊富
  • βカロテンが、非常に多く含まれる。
    葉物緑黄色野菜では、No.1(6,310μg/100g)

※トキタ種苗株式会社調べ

トキタ種苗株式会社 https://www.tokitaseed.co.jp/ck/

北海道北見市・原谷農園の抗酸化にんじん
一般のにんじんよりも抗酸化成分が2倍以上高い

原谷農園は、20年以上に亘り、美味しく健康なにんじんを研究しながら栽培しています。「微生物の多様性」を利用したこだわりの独自の農法で土づくり、にんじん作りを実践した結果、長く鮮度を保ち、傷みにくいにんじんが生まれました。原谷農園のニンジン成分を分析したところ、一般のにんじんよりも抗酸化成分が2倍以上高いことがわかりました。

野菜ジュースでは、成分表示のβカロテンの最大量ではなく、最小量が4,000㎍以上のもので、ベジスコアの改善が確認されています。

原山農園 https://www.harayafarm.com/

「1日分の野菜」

製品1本当たり、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350g分を使用し、 野菜350g分の主栄養成分()がバランスよく摂れる野菜汁100%飲料です。

エネルギー73kcal、たんぱく質 2.3g、 脂質0g、炭水化物 16.0g、糖質 14.5g、糖類 10.8g、食物繊維 0.7~3.0g、
食塩相当量 0~0.62g、亜鉛 0.1~0.8mg、カリウム 645mg、カルシウム 135mg、鉄 0.2~1.8mg、マグネシウム 45mg、
ビタミンA 562~1575μg、ビタミンC 60~154mg、ビタミンE 0.7~3.5mg、ビタミンK 1~15μg、葉酸 10~113μg
(※)主栄養成分(独自基準)とはビタミンC、β-カロテン、カルシウム、マグネシウム、カリウム「令和元年国民健康・栄養調査」から算出

野菜補助食品

日常生活の中で、毎日350gの野菜を摂取することが困難なことがあります。そのような時は、野菜ジュースなどの野菜補助食品を活用することをお勧めします。
図のように、野菜ジュースにより使用している野菜の種類、量が異なるため、すべての野菜ジュースがベジスコアを改善するわけではありません。
野菜ジュースでは、成分表示のβカロテンの最大量ではなく、最小量が4,000㎍以上のもので、ベジスコアの改善が確認されています。

株式会社伊藤園 https://www.itoen.jp/yasai/ichinichibun/