トップページ 商品紹介 ICカード/RFID関連 フリップチップLED (Muehlbauer GmbH & Co. KG)

フリップチップLED (Muehlbauer GmbH & Co. KG)

フリップチップLED (Muehlbauer GmbH & Co. KG)

MuehlbauerのELシリーズを使用したリール to リール

世界の照明市場は、特にLED(発行ダイオード)技術の利用によるエネルギー効率の向上により急激な変化を遂げています。

MuehlbauerのフリップチップLEDは、現状のLEDの製造プロセスより簡素化されかつ(工程が少ない)安価に製造が可能で、且つフレキシブルな基盤に対してLEDチップを実装することが可能です。個別のPCBのボードではなく幅広のリール to リールの基材に対してもLEDチップを実装することができるため、高出力向けのLEDだけではなく低出力向けのLEDも実装可能です。低出力向けLEDでは、面で照度を高めます。また、フレキシブルな回路上にLEDチップを実装したものは、平面での活用が可能となり主な用途としては、建材用や、イベント等になります。

Muehlbauerの高速フリップチップ技術のルーツは、1996年に遡り、RFID、ダイ選別、スマートカードモジュール組立システムで長年培ってきたもので、今日までこれらの市場の中で世界をリードしています。改善されたバックエンド製造プロセスと材料費の削減により、LEDパッケージの製造コストとOEMのランプの製造コスト削減をすることは、新たに開発されたELシリーズとMuehlbauerの全体的な目標です。

Muehlbauer フリップチップLED 実装機 装置構成

特徴

MuehlbauerのフリップチップLEDは、既存のプロセスと異なり、フレキシブルな幅広の基盤に対し、LEDチップを実装することができます。

メリット

MuehlbauerのフリップチップLEDは、既存の工程と比べ、ダイボンディング、ワイヤーボンディングの工程を省き、フリップチップ・ボンディングのみの為生産コストが安価となります。またワイヤによる配線スペースが不要になるのでパッケージを小さくすることができ、光の取り出し効率を高めることができます。

主な用途

建材として面あるいは曲面での設置が可能。
但し、LED lamp等と比べ高出力ではなく、低出力であるが、LEDチップ数を多く実装することにより面で照射を高めます。

主な仕様

・Reel to Reelハンドリング
・350㎜幅PET基材等への実装
・ACP/ICP/はんだの塗布

メーカー Muehlbauer GmbH & Co. KG
メーカー国名 ドイツ
関連URL http://www.muehlbauer.de
お問合せ先 ICTソリューション営業部
muehlbauer@altech.co.jp
Tel : 03-5542-6755
Fax : 03-5542-6766

この商品に関するお問合せ

会社名
部署名
お名前
ふりがな
郵便番号
-

住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容

確認画面は表示されません。
内容をご確認の上、チェックを入れてから送信してください。