トップページ 商品紹介 ロボット関連 自律走行型サービスロボット (Fetch Robotics, Inc.)

自律走行型サービスロボット (Fetch Robotics, Inc.)

自律走行型サービスロボット (Fetch Robotics, Inc.)

フレイト (freight)

施設内をマッピングすることで自律搬送を実現!

fetch1フレイトは最大100kgまでの荷物を積載できる自律走行型物流支援ロボットです。フレイトが荷物の搬送を担うことで、作業員はピッキング作業や組み立て作業に集中することができます。企業は搬送作業をロボットに担当させることで生産性の向上が図れます。
施設内における荷物の積み下ろし場所や充電場所などの基本情報だけでなく、エリアごとの移動優先ルート、速度マップ、立ち入り禁止区域などのルールもフレイトに記憶させることができます。企業は、移動ルートに沿った導線をわざわざ設置する必要がないため、急なレイアウト変更などにも柔軟に対応することが可能です。

フェッチコア (fetch core)

ロボットを管理するソフトウェア

フェッチコアは、ロボットを管理するための制御用ソフトウェアです。施設の管理者はフェッチコアを使用して、荷下ろし場所、優先ルート、速度マップ、および立ち入り禁止ゾーンを追加することで、ワークフローをカスタマイズし、フレイトを各施設の「交通規則」に従わせることができます。フェッチコアは、ロボットのすべての作業を管理し、必要に応じて現在のWMS(ウェアハウス・マネージメント・システム)と統合することにより、複数のフレイトをまとめて編成します。フェッチコアは操作性も良くカスタマイズへの対応力が高いため、既存のワークフローや構成を簡単に変更できプロセスの最適化を容易にします。

フレイトのカスタマイズ

カスタマイズによりバーチャルコンベアや在庫管理にも

利用者のニーズに合わせてフレイトにハードウェアをカスタマイズすることで、さまざまな用途に活用することができます。タッチスクリーンと棚(シェルフ)をフレイトに組み合わせた「hmiシェルフ」は、荷物を荷積み場所から荷下ろし場所まで動かしたり、パーツ部品をキッティングエリアから組み立てラインまで搬送したりすることに適しており、バーチャルコンベアの役割を果たします。また、カートとフレイトを組み合わせた「カートドック」は大型の部材を移動させることに適しています。
さらに、RFIDなどのセンサーとフレイトを組み合わせる「データサーベイ」を用いれば在庫の管理業務を円滑に行うことができます。通常業務に対する影響が小さい深夜に「データサーベイ」を利用することで業務効率を高める効果が期待できます。

カスタマイズ例

フォローピック(follw pick)

fatch-followpickフレイトは、施設内で作業員の後についてまわり、作業員がピッキングしたアイテムを運ぶことで作業員と連携して働きます。作業員が注文の処理を完了すると、フレイトが注文品を最終目的地まで運んでくれるため、作業員は重いカートを押してまわることに貴重な時間を費やさずにすみます。
フェッチコアは、作業の進捗状況を監視し、1つのフレイトが作業員から離れると、それと入れ替わりに新しいフレイトを作業員のもとに到着するようにしてくれます。このため、作業員はピッキング作業を中断することなく業務を続けることができます。

 

 fatch-4フォローシェルフ(follow shelf)

フレイトにフォローシェルフを組み合わせると、より多くの積み荷を運べるようになります。以前の棚付き手押しカートを利用していた際のワークフローを、そのままフォローシェルフとフレイトに替えてご利用いただけます。また、より大きなアイテムを運搬するために棚の間のスペースを変更、調整することができます。

 

fetch3バーチャルコンベア(virtual conveyor)

フレイトはバーチャルコンベアとしても使用でき、物品をA地点からB地点まで運びます。フェッチコアは、作成したワークフローに従って移動時間や各ロボットの搬送ルートを最適化しながら、施設全体にわたってロボットを配置するように段取りして指示を出します。 また、フレイトをhmiシェルフ(hmishelf)、フォローシェルフ(followshelf)そして、カートドック(cartdock)といった各種のハードウェアと組み合わせることで、施設のバーチャルコンベア・ソリューションの質を高めることができます。

 

fatch-3データサーベイ(data survey)

リアルタイムのデータ調査機能として、カスタマムセンサーペイロードが装備されたフレイトを利用すれば自律的なサイト検査およびデータ収集が可能になります。データ入出力部と電源はサードパーティのハードウェアとの統合をサポートするため、便宜上、フレイトの天板に配置されています。
応用例としては、温度の測定、カメラを使用した可視検査の実行、またはRFIDを用いた在庫データの収集などがあります。
※拡張性に関しては、お問い合わせください。

 

hmiシェルフ (hmi shelf、hmi:ヒューマン・マシン・インターフェース)

hmiシェルフは、アタッチメントを使用すると、WMSが完全に統合されていなくても、物品を指定ポイント間で運搬することが可能になります。フェッチコア UI(ユーザインターフェース)を使用してタッチスクリーンの構成を設定することにより、施設全体にわたり様々な場所でピッキング作業や荷下ろし作業が可能になります。また、タッチスクリーンは手袋をしたまま操作できるので、作業員が安全のために手袋をする環境でもhmiシェルフを導入することができます。

 

カートドック (cart dock)

カートドックは、施設内のカートや他の移動器具を運搬します。標準カートやカスタムカートをカートドックの規格に準拠したカートに簡単に変換できます。専用のキットを装着すれば、カートドックモジュールが実装された各フレイトが連結し、施設内で柔軟なカートの移動を可能にします。

 

 

 Fetch デモ動画

 

ロボットの主な仕様

重量 68Kg
高さ 359mm
基本寸法 幅508㎜、直径559mm
積載量 100Kg
最大速度 2.0m/秒(時速4.4マイル)
回転半径 Turn in place
公称連続稼働時間 9時間
充電時間 3時間で90%
2Dレーザーセンサー SICK、25m、220度
3D深度センサー PMD Pico Flex
プロセッサ Intel i3、Haswell
RAM 8GB
ハードドライブ 120GB SSD
無線 802.11abgn and 802.15.1 搭載
周辺装置 HDビデオ、USBx2、Ethernetポートx1
音声 ステレオスピーカー
充電 自動ドッキング
環境 屋内、ADA対応
横断可能な敷居 8mm 段差
横断可能なギャップ 25mm

 

メーカー Fetch robotics, Inc.
メーカー国名 アメリカ
関連URL http://fetchrobotics.com/
お問合せ先 ライフサイエンス営業部
ml-seikatsu@altech.co.jp
Tel : 03‒5542‒6753
Fax : 03‒5542‒6767

この商品に関するお問合せ

会社名
部署名
お名前
ふりがな
郵便番号
-

住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容