トップページ IR情報 投資家の皆様へ

投資家の皆様へ

アルテックは、1976年に、印刷・包装機械を輸入販売する産業機械専門商社として創業し、内外のお客様に、欧米の最先端のテクノロジーを取り入れた産業機械・機器をご紹介してまいりました。その後、市場環境の変化とお客様のニーズの多様化に合わせて取扱製品分野を広げ、現在では、ICカード・RFIDタグ関連機器、セキュリティ関連機器、ナノテクノロジー関連機器、プラスチック・ゴム成形機、3Dプリンタ、医薬品充填装置、食品加工機械、水処理装置、サービスロボット関連等、多岐に亘る機械・機器群を取扱製品のラインナップに加えております。

商社事業については、これまで培ってきた提案型営業機能を一層強化し、お客様に従来以上にご満足いただけるよう、鋭意取り組んでまいります。日本のみならず海外でも、バンコク、ジャカルタ、ホーチミンに設立した現地法人に営業経験豊富な日本人社員を駐在させ、中国・東南アジアに進出されている日系企業各社の旺盛なニーズにお応えしております。

プリフォーム事業については、産業機械専門商社として長年培ってきたプラスチック成形・ペットボトル成形に関する経験・専門知識を生かし、2002年に中国・蘇州においてペットボトル用プリフォームの製造事業に参入しました。プリフォーム製造事業は、その後の市場拡大を受けて、順調に成長し、現在では、中国・広州、重慶、武漢、また国内・福井にも製造拠点を設立し、日本と中国に5現地法人を展開して、内外の有力飲料メーカー・食用油メーカー等にペットボトル用プリフォーム・プラスチックキャップ等を安定的に供給できる体制を構築しております。

このように、産業機械専門商社としてスタートしたアルテックですが、現在では、「商社事業」と「プリフォーム事業」がアルテックグループの2大主軸事業となっており、両事業を車の両輪としてグループ全体の安定的成長を目指す体制となっております。

アルテックグループは、2017年度を初年度とし、2021年度を最終年度とする中期経営計画を策定しました。環境の変化を将来の成長に繋がるビジネスチャンスと捉え、中期経営計画の実現に向けて事業を推進してまいります。社員一同、初心に返り、全社一丸となって一層の努力をしてまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。